便秘になると口臭が臭くなる!?

花粉の時期になってマスクをするようになり、ふと自分の口臭が気になったりしませんか?
それもどことなくオナラのようないやな臭いに近いような香りがする…。
でも口からオナラの臭いがするはずないですよね。
そうは思っても気になったので調べてみたら、「口からオナラの臭い」することがあるみたいです。
それも便秘が原因で。
そこで、そうなる仕組みと対策を紹介したいと思います。

 

・便秘を放置すると口臭が強くなる?
排出されること無く腸にたまった便は腐って発酵します。
それから出る有害物質は腸壁から血液に溶け出し、全身を巡って排泄以外の方法で体外に放出されます。
つまり、汗や皮脂・呼気と一緒に臭い成分が出て行くみたいですね。
特に口臭に関しては、血液によって届けられた有害物質が肺によって呼吸と共に排出されるので、歯磨きを頑張っても意味が無いことがよくわかります。
原因である便秘を叩かなければ、いつまで経っても口臭が改善されません。

 

・自分にあった便秘解消法を探そう!
例え毎日排便があったとしても、必要量が体外に排出されていなければ意味がありません。
便の量が少なくありませんか?固かったり、下痢気味だったり、人によって便の状態は様々だと思います。
食物繊維や水分を多く取り、適度な運動とストレスを解消し、便秘解消のために自分に必要なことが何か調べてみましょう!

 

口臭対策は、ケア用品や歯磨き等の口内環境を整えるだけでは万全ではありません。
自分では気付き難いからこそ、体内環境のことにも目を向け、口臭対策をしていきましょう。